可児市の歯医者さん

歯を失わないために

  • HOME »
  • 歯を失わないために

定期健診のすすめ

歯を失わないために 

歯科医院で虫歯や歯周病の予防をしているかどうかで、歯の状態は大きく違ってきます。
定期的に歯科医院でのケアを受けていると、80歳になってもほとんどの歯が残っています。
定期的にPMTCなどのケアを受けましょう!
日本では80才の方の残存歯(残っている歯)の数は平均4~5本です。
ところが、歯を守る歯科医療が定着しているアメリカ、スウェーデン、フィンランドなどの歯科予防先進国では、80才の方の残存歯数は15本~20本になっています。
teikikenshin_figure01
歯を失わないために – 三共歯科医院|岐阜県可児市

グラフを見ると、歯磨きの指導を受けて家でしっかり磨いている人のグループでも80才の時点での残存歯数はわずか平均5本です。
毎日きれいに磨いているつもりでも、磨き残しがあり、虫歯、歯周病により歯を失っていることになります。
当医院では、虫歯歯周病で歯を失うことがないようPMTCを主とした定期的な受診をお勧めしております。
PMTCとはプロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニングの略称で、予防処置に欠かせない口腔内のクリーニングです。
毎日磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくいところ、汚れがたまりやすいところができてしまいます。その部分の掃除を徹底的に行うのがPMTCです。PMTCは、アクセルソン教授によって提唱されたものです。
アクセルソン教授はスウェーデン・イエテボリ大学の予防歯科主任教授で、「ミスター・プリベンション(予防)」と呼ばれ、世界中の公衆衛生(予防歯科)が彼の研究に影響を受けています。
1979年に彼によって計画され、スウェーデンに導入された予防プログラムは、6年後には3歳児のムシ歯率80%をわずか4%にまで引き下げた事でも知られています。

PAGETOP
Copyright © 三共歯科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.